トップページ



▲初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒▲未使用品高級桐製平箱付


タイトルをクリックするとヤフーオークション出品ページに移動します。
写真をクリックすると大きくなります。

初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒
初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒
初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒
初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒 初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒

▲初代竹風作菱湖島黄楊赤柾盛上将棋駒▲未使用品高級桐製平箱付

 東京駒の巨匠、初代竹風(ちくふう)故大竹治五郎の作品。傑作だと思います。

 初代竹風大竹治五郎は奥野一香商店の職人松尾昇龍に師事、駒作りを修行したと聞いています。戦後夫人の郷里の新潟に移りましたが師の東京駒の「こころ」は変わることなく現在も二代目竹風、大竹日出男師に引き継がれています。
 本作は作者銘が「竹凡」型。「風」が「凡」と読めることからマニアの間で「ちくぼん」などと呼ばれ珍重されている昭和30年代以前の初代竹風、大竹治五郎の手による作品です。竹風作品をして美術将棋駒たり得るは「竹凡作」のものに限る、と謳われました(堅正保夫著「駒と五十年」)。

 書体は「菱湖(りょうこ)」。竹風は「菱湖」の書体を旧型・新型・最新型・影水型と使い分けますが本品は最も古い旧型(詳しくは駒研出版会編「駒のささやき」をご一読下さい)、「玉将」に特徴があります。
 木地は御蔵島黄楊。赤柾と謳って問題ないと思います。私のHPに全ての駒の表裏をUP致しましたので是非ご覧下さいませ(木地種表記は私見です写真でご確認をお願いいたします)。

 コレクションとして長年マニアの方がお持ちでした。使われた形跡がありません。新品同様のレベルです。

 余り歩は1枚です。
 サイズ(縦*横*厚さ) 王将31.9*28.5*8.7  歩兵27.0*21.7*7.0
 写真の仕切り・ガラス内蓋付桐高級平箱が附属いたします。



 


トップページ

Copyright (C) Tohsin, All Rights Reserved.