トップページ



▲信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒▲桐平箱付  


タイトルをクリックするとヤフーオークション出品ページに移動します。
写真をクリックすると大きくなります。

信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒
信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒
信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒 信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒
信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒

▲信華作安清書薩摩黄楊盛上将棋駒▲桐平箱付

 大正から昭和初期にかけて活躍した女流駒師増田信華(しんか)の作品です。

 信華は大阪の駒師増田芙蓉(弥三郎)の娘で、二代目豊島龍山(数次郎)に嫁した後、豊島家を去りその後、女流駒師として活躍したと伝えられています(熊沢良尊著「名駒大鑑」より)。ただし・・・、マニアの間では「信華作」の駒は実は真の作者は数二郎・・・。が通説のようです。

 書体は「安清(やすきよ)」、江戸時代から伝わる伝統の書体です。幕末に活躍した大阪の駒師の銘と伝えられています。木地は島黄楊・薩摩黄楊微妙なところですがおそらく薩摩黄楊だと思います。多くの駒は柾目ですが板目も散見されます。

 使い込まれて、飛車裏・銀裏はほぼ彫埋の状態ですが、駒尻の銘を含めて漆のトビはありません。

 余り歩はありません。
 サイズ(縦*横*厚さ) 王将30.4*27.0*8.3  歩兵26.1*18.9*5.8
 撮影に使用いたしました当社オリジナル、粋な内蓋付桐製平箱が附属いたします。



 


トップページ

Copyright (C) Tohsin, All Rights Reserved.